『鶴の一声』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪♪

鶴の一声 ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『鶴の一声(つるのひとこえ)』を解説♪

『鶴の一声』意味・由来

様々に分かれる意見をまとめてしまう、力のある人の言葉

 

鶴は基本的にはあまり鳴かない鳥です。
しかし実際に鳴くとその鳴き声は大きくてかん高く、他の鳥を圧倒するほど響き渡るそうです

多くの雀が群がって鳴くよりも鶴が一声鳴くほうが圧倒的に響き渡ることから、鶴の一声と表現されるようになりました。

 

『鶴の一声』例文

 

社長の鶴の一声で社内恋愛禁止になってしまった…もうすでに○○君とお付き合いしている私はどうしたらいいの?💦

  • 僕と父の喧嘩は、母の喧嘩両成敗‼という鶴の一声によりパッと終わる。
  • モテモテの○○君の「僕はショートカットが好みだ!」と言う鶴の一声で、次の日には女子全員の髪型が同じになった。

 

鶴の一声』の類語

権力者の意見