『捕らぬ狸の皮算用』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

捕らぬ狸の皮算用 ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『捕らぬ狸の皮算用(とらぬたぬきのかわざんよう)』を解説♪

『捕らぬ狸の皮算用』意味・由来

自分のモノでは無いのにあてにして、計画をたてるということ 

まだ狸も捕えてないうちから、その狸の皮を売った際のお金の計算をして儲けることを考えることからこの言葉ができました。

ちなみに、算用=金銭など数や量を計算することを意味します。

 

『捕らぬ狸の皮算用』例文

まだ英語の勉強を始めたばかりなのに早くも外資系の転職を計画をたてているなんて捕らぬ狸の皮算用だ。

  • 宝くじが当たったら、キッチンリフォームをしたいという母。理想のキッチンについて詳細に語る母の話を聞きながら捕らぬ狸の皮算用だと思った。
  • 彼氏は今日の夜ごはんは、パチンコで買ったら焼き肉に行こう!と言われ、捕らぬ狸の皮算用だと思って呆れてしまった‥。

 

捕らぬ狸の皮算用』の類語

(将来を)甘く見る・(成功を)見越して・あてにする