『虎の子』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪♪♪

虎の子 慣用句

 

ことわざ金次郎です。

今回は『虎の子(とらのこ)』を解説♪

『虎の子』意味・由来

大事にして手離さないもの

虎の母性がこの言葉の由来とされています。

 

虎は子供を大切に守りながら育てるため、その様子を人が金便を大切に持っていることを例えてこの言葉ができたとされています。

『虎の子』例文

積み立てして貯めたお金が入っている虎の子の通帳はは家族にも秘密にしている…

  • 急にお金が必要になったので虎の子の宝石を質屋に預けることにした。
  • 空き巣に入られたものの、虎の子の指輪は盗まれていなくて安心した。

 

虎の子』の類語

お宝・貴重品