『とどのつまり』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

とどのつまり ことわざ

 

ことわざ金次郎です。

今回は『とどのつまり』を解説♪

『とどのつまり』意味・由来

最終的に

魚のボラが由来とされています。

 

ボラはハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ と成長する過程で名前が変化していきます。

そして最終的にはトドと呼ぶようになることからこの言葉ができたとできたとされています。

 

悪い意味で使われます。

『とどのつまり』例文

自分勝手な行動ばかりしていたせいで、とどのつまり一人ぼっちになってしまった。

  • 勉強せずに遊んでばかりいると、とどのつまり進学できなかった。
  • 接客態度が悪い従業員に注意しなかったためとどのつまり、お客さんが全然来なくなった。

 

とどのつまり』の類語

挙句(あげく)の果て・つまるところ