『只より高い物はない』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

ただより高い物はない ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『只より高い物はない(ただよりたかいものはない)』を解説♪

『只より高い物はない』意味・由来

ただで何かしてもらうと、気を使ったりお礼をしたり、と買うよりも高くつくという意味 

「ただ」や「無料」と聞くとついつい引かれてしまいますが、世の中はそんなに甘くないという戒めの意味で使われることが多いです。

『只より高い物はない』例文

部長にパソコンもらったんだけど、電源つかなくてさ‥。結局修理するためにお金かかっちゃったよ

あらま、ただより高い物はないね。

  • 近所の○○さんがいつも野菜をおすそ分けしてくれて助かっているのだけど、そのたびに何かしらお返ししているわ。ただより高い物はないわね。
  • 元カレが突然プレゼントがあると言ってきた‥何か魂胆があるのかしら‥。ただより高い物はないっていうしプレゼントは断ろう。

 

只より高い物はない』の類語

うまい話には裏がある・うまい話には落とし穴