『千里の道も一歩から』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

千里の道も一歩から ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)』を解説♪

『千里の道も一歩から』意味・由来

物事を成功させるには、一歩ずつ着々と努力することが大切であるということ

千里=きわめて遠いところを指します。

この言葉は、大きな目標に向かって物事を始めるときに使います。

『千里の道も一歩から』例文

事務職に転職したのにブラインドタッチ全然できなくて困っています‥。

千里の道も一歩からだと思って毎日一時間タイピング練習しなさい。

  • 千里の道も一歩からというけれど、毎日筋トレ頑張っているとムキムキボディを手に入れることができた。おかげで女子にモテモテだ。
  • 50m走、9秒の僕。7秒目指して毎朝ランニングしよう♪千里の道も一歩からだ。

 

千里の道も一歩から』の類語

一歩踏み出す・ローマは一日にして成らず