『三度目の正直』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

三度目の正直 ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『三度目の正直(さんどめのしょうじき)』を解説♪

『三度目の正直』意味・由来

一回目や二回目は失敗しても三回目は上手くいくということ 

なぜ3度目なのかというと、3度目には本人の実力や運が発揮され、3回挑戦すれば結果が良くなくてもあきらめがつくということからです。

『三度目の正直』例文

昇進するために必要な資格試験、一回目二回目は不合格だったが三度目の正直で今回ようやく合格することができた‼

  • 携帯で彼氏との相性診断をしてみたが一回目二回目は相性普通という結果に‥三度目の正直でもう一回!
  • 喫煙には二回挑戦したのだがすぐに失敗💦来月から会社の喫煙ルームが撤去されるそうなので三度目の正直だと思ってもう一度喫煙に挑戦してみよう。

 

三度目の正直』の類語

今度こそ・次は必ず