『目が利く』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪♪

目が利く 慣用句

ことわざ金次郎です。

今回は『目が利く(めがきく)』について解説していきます♪

『目が利く』意味・由来

物事の良い・悪いを見極める力が優れていること 

物事の本質を見抜く力が優れていること

 

「目」は見るもの、「利く」は本来の機能を十分に発揮すること
つまり目が利くとは本質を見抜くということになります。

 

『目が利く』例文

私のおじいちゃんは骨董品を集めるのが趣味なの。

すごいね、古い物に目が利くのね!

 

  • フリマアプリで生活費を稼いでいる人はきっと目が利くんだろう。
  • 友達の家にある金魚水槽をみて、この金魚地味だけど一番目立つねと言うと、目が利くね~!その金魚が一番レアなんだよ!と言われた。

 

目が利く』の類語

目の肥えた・見抜く・本質をとらえている