『後悔先に立たず』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

後悔先に立たず ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『後悔先に立たず(こうかいさきにたたず)』を解説♪

『後悔先に立たず』意味・由来

失敗を残念がっても仕方ない

先に=未来を指し、立たず=役に立たないを指します。
したがって後悔しても未来の役には立たないという意味となります。

『後悔先に立たず』例文

告白されてフッた立場の僕だけどやっぱりOKするべきだったな~

 

後悔先に立たずだよ~。

  • 大事な書類をシュレッターにかけてしまうなんて…後悔先に立たずだ。
  • ダイエット中なのにデスクいっぱいにあるお菓子を無意識にもくもくと口に運んでしまっていた…後悔先に立たず。明日から本格ダイエットするぞー-‼

     

後悔先に立たず』の類語

後の祭り・もう戻れない