『顔がつぶれる』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

顔がつぶれる 慣用句

ことわざ金次郎です。

今回は『顔がつぶれる(かおがつぶれる)』を解説♪

『顔がつぶれる』意味・由来

恥をかいたり世間に出られなくなること 

名誉を傷つけること 

顔は中国では面子と言われます。

 

面子には周囲に自分の恥ずかしい姿を見せたくないという気持ちも現れます。

それで、面子がつぶれると、恥をかいたり世間に出られなくなることを意味するときに使われるようになりました。

 

『顔がつぶれる』例文

取引先にいくら腹が立ったとしてもここで大声で叫んだりしたら会社の顔がつぶれてしまう ‥。深呼吸して落ち着こう‥

  • 僕が6年間ニートだということが近所の人にバレてしまって父の顔がつぶれた
  • 無責任な発言をする部下に顔をつぶされた

顔がつぶれる』の類語

プライドが傷つく・汚点がつく・メンツが台無しになる