『石が流れて木の葉が沈む』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

石が流れて木の葉が沈む ことわざ

 

ことわざ金次郎です。

今回は『石が流れて木の葉が沈む(いしがながれてこのはがしずむ)』を解説♪

『石が流れて木の葉が沈む』意味・由来

物事の道理が逆さになっていること

世の中が理不尽であること

本来、重い石は沈み、軽い木の葉は流れるはずですが、逆さになっていたことから、物事が道理と真逆になっていることの例えとして使われるようになりました。

『石が流れて木の葉が沈む』例文

ただいまー!今日はさっと宿題終わらせて勉強するね

勉強の前に、お母さん忙しいから早く夜ご飯の準備を手伝ってちょうだい。

石が流れて木の葉が沈むようなことを言うね。僕明日テストなのに‥。

  • 自動車事故。信号を無視してきたのは相手なのにどうして私の方が悪くなるの?石が流れて木の葉が沈むとはこのことよ。納得できないわ
  • 職場で男の僕が育休を取得したいと上司に伝えると変な顔をされた。石が流れて木の葉が沈むとはこのことだ。

 

石が流れて木の葉が沈む』の類語

朝日が西からでる・筋が立たない