『腹を決める』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

腹を決める 慣用句

ことわざ金次郎です。

今回は『腹を決める(はらをきめる)』を解説♪

『腹を決める』意味・由来

覚悟すること 

決心すること 

腹とは表面に現れない心の中に考えていることを指します。

なぜ、腹なのかというと、かつては心の動きが腹の中におさまっていると考えられていたからです。

 

『腹を決める』例文

音楽で生きていくって腹を決めたばかりなのに、早くも不安になってきた‥。

自分を信じて頑張って!!

  • 長い間迷っていたけれど、やっと腹を決めることができたよ。僕は彼女と結婚する。こんな僕でも彼女を幸せにしてみせる。
  • こんな職場で一生過ごすなんてごめんだ!!腹を決めて退職届を出そう!!

 

腹を決める』の類語

覚悟を決める・決心する・決意する