『鼻につく』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪♪

鼻につく 慣用句

ことわざ金次郎です。

今回は『鼻につく(はなにつく)』を解説♪

『鼻につく』意味・由来

嫌な感じや気に入らない感じがする 

異臭を嗅いだ時、不快な表情になります。

 

鼻につくとは、相手の言動によって、不快な表情になるくらい嫌味に感じる様子が表現されています。

この言葉は基本的に悪い意味で使われます。

 

『鼻につく』例文

勤務中は鼻歌やめてくれない?鼻につくから。

無意識でした、申し訳ございません。

  • 彼女は最近僕と一緒にいる時間よくケータイを触る。ちゃんと話を聞いていない様子で鼻につく 。
  • 夏になってお父さんがお風呂上りにパンツ一丁で過ごすことが増えてすこし鼻につく

 

鼻につく』の類語

眉をひそめる・わずらわしさ・邪魔