『出る杭は打たれる』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

出る杭は打たれる ことわざ

 

ことわざ金次郎です。

今回は『出る杭は打たれる(でるくいはうたれる)』を解説♪

『出る杭は打たれる』意味・由来

才能がある人は、周りの人から恨まれたり妬まれたりしやすいということ

並べて打った杭(くい)が一本だけ高ければ、ほかの杭に揃うように打たれることからこの言葉ができたとされています。

『出る杭は打たれる』例文

結婚して、夫の努力のおかげで我が家は世でいうお金持ちになった。すると出る杭は打たれる言うように、仲の良かった友達に財産目当てで結婚したんでしょ?と言われた。

  • 出世が早いと、出る杭は打たれるという通り、周りの社員に、部長の愛人だという根も葉もない噂をながされた。
  • SNSで映える写真を投稿してフォロワーがいい感じに増えたと思ったら、アンチのコメントが多く来るようになった。まさに出る杭は打たれるだ。

 

出る杭は打たれる』の類語

高木(こうぼく)は風に折られる