『泡を食う』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪♪

泡を食う ことわざ

 

ことわざ金次郎です。

今回は『泡を食う(あわをくう)』を解説♪

『泡を食う』意味・由来

突然のことに驚き慌てる

泡=慌てるを意味します。

食う=好ましくない行為を受けることを意味します。

 

つまり泡を食うとは、ひどく慌てされられるということになります。

『泡を食う』例文

朝起きたら家を出る5分前だったので泡を食って飛び起きたよ!

  • 静かに本を読んでいる最中に突然大きな声を出されて泡を食って驚いた。
  • 父は隠し事が母に見つかって指摘されると、泡を食って否定していた。

 

泡を食う』の類語

動転する・狼狽する