『頭が下がる』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

頭が下がる 慣用句

ことわざ金次郎です。

今回は『頭が下がる(あたまがさがる)』を解説♪

『頭が下がる』意味・由来

感謝する 

感心させられる 

この言葉は、相手に感謝するとき、敬意や尊敬をしたときにする姿勢、お辞儀のからできた言葉です。

 

お辞儀をするときは頭を下げて、相手よりも頭が下になることからこの言葉となりました。

 

お辞儀は謝罪するときにもとる姿勢ですが、頭が下がるとは感謝や尊敬を意味する場合に使われます

 

『頭が下がる』例文

プレゼンの時に頭が真っ白になった私をフォローしてくれた先輩には頭が下がる思いだ。

  • いつも温かい料理をつくって、僕の帰りをまっていてくれる妻には頭が下がる思いだ。
  • 釣りで一匹も釣れなかった僕に1匹譲ってくれた友達には頭が下がる。

 

頭が下がる』の類語

尊敬する・恐れ入る・ひざまずく