『案ずるよりも産むがやすし』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

案ずるよりも産むがやすし ことわざ

ことわざ金次郎です。

今回は『案ずるよりも産むがやすし(あんずるよりもうむがやすし)』を解説♪

『案ずるよりも産むがやすし』意味・由来

思い切ってやれば簡単にできるということ

お産が初めての妊婦が、無事に赤ちゃんを出産できるか…と心配している時に出産経験豊富な女性が、思っているよりも大変じゃないよという意味案ずるよりも産むがやすしと声をかけたそうです。

 

このことから相手を励ますときに使われる言葉となりました。

 

『案ずるよりも産むがやすし』例文

頼まれた資料、もう納期に間に合わない…

案ずるよりも産むがやすし!私も手伝うからあきらめないで!

  • 恥ずかしがり屋の私が合コンに初めて参加!男の人とまともに話したことないけれど、せっかく来たんだし案ずるよりも産むがやすし‼今夜は別人になり切って楽しもう🔥
  • 夫のお弁当におかず入れ忘れた…案ずるよりも産むがやすし、会社の近くにコンビニあるし大丈夫よね。

 

案ずるよりも産むがやすし』の類語

心配性・身構えすぎ・取り越し苦労