『天の邪鬼』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪♪

天の邪鬼 ことわざ

 

ことわざ金次郎です。

今回は『天の邪鬼(あまのじゃく)を解説♪

『天の邪鬼』意味・由来

ひねくれ者

「古事記」「日本書紀」の神話にに出てくる小鬼、「天探女(あまのさぐめ)」という小鬼の名前がなまって「あまのじゃく」と言われるようになった言葉ができたとされています。

 

天探女はひねくれた性格の小鬼だったそうです。

このことから周囲と反発するような人のことをを天の邪鬼と呼ぶようになりました。

『天の邪鬼』例文

天の邪鬼の○○さんと話しているとなかなか意見がまとまらなくて苦労する。

  • 褒められても素直に喜ぶことができない私は天の邪鬼だ。
  • なかなかうん、と言わない僕のお父さんの性格はまさに天の邪鬼だ。

 

天の邪鬼』の類語

ひねくれ者・偏屈・へそ曲がり