『上げ膳据え膳』の正しい意味・由来、例文|分かりやすく解説します♪

上げ膳据え膳 ことわざ

 

ことわざ金次郎です。

今回は『上げ膳据え膳(あげぜんすえぜん)』を解説♪

『上げ膳据え膳』意味・由来

何もかも人の世話になり、自分でも何もしない事

上げ膳=食膳を片付けることを意味します。

据え膳=食膳を人の前に整えることを意味します。

 

つまり自分では何もせずにご馳走を食べるということを表します。

(食膳(しょくぜん)=料理を乗せる膳のこと)

『上げ膳据え膳』例文

実家では上げ膳据え膳が当たり前だったので一人暮らしを始めた当初はとても苦労したよ~。

  • 産後直後は上げ膳据え膳でしっかり身体を休めるべきだ。
  • 久しぶりに実家に帰ると上げ膳据え膳で世話をしてくれて、おしりに根が生えそうになった。

 

上げ膳据え膳』の類語

至れり尽くせり・下にも置かない